今日のお手紙

     

【成山 剛 LIVE at 手紙舎 2nd STORY 4/8(日)〜小谷田潤 個展 特別企画〜】

4/3(火)〜4/15(日)、手紙舎 2nd STORYにて開催する、小谷田潤 個展「二度の器」。期間中の、4/8(日)には、札幌を拠点に活躍するアーティスト・「成山 剛(sleepy.ab)」さんによるスペシャルなワンマンライブを開催します。

「もみじ市」にも度々出演いただいている成山さん。意外にも小谷田さんと意気投合したのは、北海道ニセコ町で開催していた「森のカフェフェス」でした。お二人の、男っぽさと繊細さが同居するような人物像は、側から見るとよく似ている気がします。なにより、それぞれの作り上げる作品の素晴らしさは、語り合う以前に響き合うものがあったのだと思います。小谷田潤の個展だからこそ実現した特別なライブ、展示とともにぜひお楽しみください。

【成山さんより小谷田さんの個展に寄せて】

小谷田くんとは2011年の第1回目の「森のカフェフェス in ニセコ」からのお付き合いです。アーティストも出店者も全スタッフ含めの打ち上げで仲良くなってそのまま部屋飲み。出演者より出店の方と仲良くなる傾向にあります。とはいえみんなモノを作る方なので感覚は似ていたのかな。そして1年に1度ニセコで会って親睦を深め、小谷田くんの手紙舎での個展にライブで呼んでいただいたのがもう4年も前になるんだ。

小谷田くんの作品は家にも沢山あるので今回も何か手に入れたいな。今回の個展でまたご一緒出来る事、嬉しく思います。

【成山 剛 LIVE at 小谷田潤 個展(手紙舎 2nd STORY)】
日程:2018年4月8日(日)
開場:17:30
開演:18:30
定員:70名
料金:3,000円(税込)※ワンドリンク(500円)オーダー制
会場:手紙舎 2nd STORY(東京都調布市菊野台1-17-5 2F)
お問い合わせ:042-444-5367

*チケットは2/7(水)12:00より予約受付開始いたします(こちらに受付用のURLを表示いたします)

【小谷田潤 個展 −二度(ふたたび)の器−】
会期:2018年4月3日(火)~4月15日(日)
※4月9日(月)は定休日
営業時間:12:00~23:00(22:00 LO)
※4月8日(日)はライブのため16:00まで
場所:手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台1-17-5 2F
tel.:042-426-4383
小谷田潤公式サイト:koyata jun ceramic works

【小谷田潤 個展『二度(ふたたび)の器』】その2・もみじ市 2008「旅と音楽」をふたたび

2008年から「もみじ市」は、多摩川河川敷で開催するようになりました。新しい場所、できることが増えた中で、小谷田さんはその場をどう感じながら出店していたのでしょうか。その年のテーマは「旅と音楽」。草地にそよぐ風に撫でられ、川辺から流れてくる旋律と共鳴する器が目に浮かびます。

この頃小谷田さんの器の定番として確立しつつあった「ハイジボウル」はまさに、「こんな器欲しいな」を実現させた使い勝手の良い器。「アルプスの少女−−」の中に出てきそうな親しみやすさがあります。余談ながら、この年のもみじ市に合わせて制作されたイメージアルバム「旅と音楽と、」発売時の、小谷田さんのコメントが印象的でした。ストイックに粘土と向き合う小谷田さんの姿が見えてくるようです。

【小谷田潤さん2008年の器を語る】

今ではあたりまえのようですが、この頃「手作り市」のようなイベントと音楽フェスとの組み合わせはとてもめずらしく、出店しながらもうっすら聞こえてくる演奏にしみじみ幸せな時間だなあと、感じていました。

2006年のもみじ市でおいしいカレーを作る料理人とコラボする機会をもらい、作り始めたのがこのボウルです。音楽を聴きながら、カレーを食べて、食べ終わったら器をお土産に持ち帰るという斬新な企画でした。

旅に音楽が加わり、そんな風景に似合いそうな、持ち歩いてほしい器です。

今では、カレーだけでなくスープやどんぶりにも使ってもらえるよう「ハイジボウル」という名前にしています。ハイジは絶対カレーなんか食べてないでしょうけど……。

ちなみに小さい方は、「ヨーグルトボウル」です。何か良いネーミングがあったら教えてください。

【小谷田潤 個展 −二度(ふたたび)の器−】
会期:2018年4月3日(火)~4月15日(日)
※4月9日(月)は定休日
営業時間:12:00~23:00(22:00 LO)
※4月8日(日)はライブのため16:00まで
場所:手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台1-17-5 2F
tel.:042-426-4383
小谷田潤公式サイト:koyata jun ceramic works

【小谷田潤 個展『二度(ふたたび)の器』】その1・もみじ市 2007「旅」をふたたび

もみじ市という、全国から、それはそれは素敵で、個性的で、魅力的なつくり手たちの集まる祭典があります。手紙社の起源ともいえる「もみじ市」、その初回からずっと出店し続けている数少ないつくり手である小谷田さんは、手紙社にとって象徴的な作家のひとりです。

2007年から毎年、もみじ市にはテーマが冠されてきました。そこで、この個展「二度の器」では、その年その年のテーマと当時制作していたものを振り返りながら、“いま”の小谷田さんが“ふたたび”制作し直した作品を発表します。本日紹介するのは2007年のもみじ市(テーマは「旅」)を振り返る、「角マグ」です。小谷田さんのマグカップとしてこれを思い浮かべる方は多いのでは? 安定感のある座りと抜群の使い心地の良さ。初登場から約3年後には、しのぎ(鎬)の筋が施されたバージョンも制作されるようになりました。

【小谷田潤さん2007年の器を語る】

はじめてもみじ市にもたらされたテーマは「旅」でした。思い返すと、慣れない接客に加えて有名な出店者に格の違いを見せつけられ、テーマどころではなく、モヤモヤした気持ちだけ残し終わるのでした。

しかし、その時の「旅」というテーマはずっと心の隅に残っていて、何か仕事を受けるときには、「その場所に行ってみたいかどうか」という一点で全て判断してきたような気がします。

この後、もみじ市はずっと続くことになり、当時から今まで欠かさず作っているこの形のマグカップは、期せずして長い「旅」のはじまりの作品になったのです。

【小谷田潤 個展 −二度(ふたたび)の器−】
会期:2018年4月3日(火)~4月15日(日)
※4月9日(月)は定休日
営業時間:12:00~23:00(22:00 LO)
※4月8日(日)はライブのため16:00まで
場所:手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台1-17-5 2F
tel.:042-426-4383
小谷田潤公式サイト:koyata jun ceramic works

【小谷田潤 個展『二度(ふたたび)の器』 at 手紙舎 2nd STORY 4/3〜15】

写真・岡崎直哉

そのとき、最も熱を込めて生み出した器がある。
佇まい良く、掌にすっと収まる、ずっと使い続けたくなる器。
その器は数多の人々の手に渡り、生活にささやかな、時には強い灯を点した。
作家は思った、あの熱い気持ちでつくった器にはまだ続きがある、と。

冬季五輪が終わり、サッカーW杯を意識しはじめるであろう2018年の4月、4年に1度の特別な祭典、手紙社には欠かすことのできない陶芸家・小谷田潤さんの個展を開催いたします!

「できないから、できるようになりたい」。小谷田さんにとって器づくりの原点はそこにありました。不惑を迎える今年、手紙舎で4年ぶりとなる個展は、ひとつの集大成として挑む場所。これまで数々のかたちを制作してきた中で、その時できなかったこと、やり残したことに決着をつける個展です。主軸となるのは、小谷田さんが初回からずっと出店しつづけている「もみじ市」で、その年のテーマに合わせて制作したもの。2018年バージョンとして2度目の命が吹き込まれます。もちろん、個展に合わせた新作や、これまで発表してきたシリーズの新色、新サイズも登場。前回から4年を積み上げ40年をぶつける個展、小谷田潤渾身の作品をぜひ目の当たりにしてください。

特別企画 その1 岡崎直哉さんの写真展示
もみじ市をはじめ、小谷田さんとのコラボレーション作品も記憶に新しい、グラフィックデザイナー・岡崎直哉さんが数年来撮り続けてきた、小谷田さんの作品をモチーフにした写真を展示します。イギリス、北海道、岡崎さんとともに旅した小谷田作品の在る、静かに語りかけるような情景をお楽しみください。

特別企画 その2 小谷田潤×高旗将雄 オリジナルグッズ
イラストレーター・高旗将雄さんが、小谷田さんの器やカップ、涙壺などを描きました。そのイラストがオリジナルグッズとなって今回の個展でお披露目されます。

個展特別メニュー
会期中、手紙舎 2nd STORYのカフェでは、小谷田さんの器を使った特別メニューをご用意します。

小谷田潤 個展記念「成山剛ライブ」at 手紙舎 2nd STORY
札幌を拠点に活躍するアーティスト・成山剛(sleepy.ab)さんによるスペシャルなワンマンライブを開催します。

日時:2018年4月8日(日)
   17:30開場 18:30開演(予定)
定員:70名(先着順)
料金:3,000円+1drink:500円
※詳細・申込方法は当サイトにてお知らせいたします

【小谷田潤 個展 −二度(ふたたび)の器−】
会期:2018年4月3日(火)~4月15日(日)
※4月9日(月)は定休日
営業時間:12:00~23:00(22:00 LO)
※4月8日(日)はライブのため16:00まで
場所:手紙舎 2nd STORY
東京都調布市菊野台1-17-5 2F
tel.:042-426-4383
小谷田潤公式サイト:koyata jun ceramic works

このページのTOPへ

(C)tegamisha since2008